読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七夢日記

より良い人生に変えたくて ぶろぐ始めました♬

浴室、洗面所、トイレをきれいに保つ方法

断捨離

f:id:corocoro34:20170212081423p:plain

水回りの掃除といえば、浴室、洗面所、トイレの3箇所ですよね。

 

この3箇所は、毎日出入りし、使用するところでもあるので、汚れるのも早く、こまめに掃除をしないとすぐに汚れが目立ってきてしまうんですよね。

 

しかも、困ったことに、掃除をしても、すぐにまた汚くなってしまうんです。 

 

いつもモノでごちゃごちゃしていて、モノを片付けてからでないと掃除にとりかかることができないといった、掃除をする前の片付けもイライラの原因です。

 

どうしてこんなにすぐに汚れるのか、なんとか汚れないようにできないのか? なんとかきれいな状態を保つことができないのか?

 

汚れないように工夫できないのか?

 → ムーリー! これでもいちおう、紡子自身はきれいに使おうと努力しているのですが、うちの男連中はそんなの気にしません。 

 

そんな2人に、毎日のように「きれいに使え」って言ったって、2人共、汚れをそこまで気にしないタイプだから、「うるさいなぁ」って思われておわり。 ヘタすると夫婦ゲンカの火種になるかも。

 

なんとかきれいな状態を保つことができないのか?

→ 紡子の努力しだいで、なんとかなるかも。 毎日こまめに掃除をするとか。

 

 というわけで、残念ながら汚れないようにすることはできないけど、ちょっとした工夫や努力次第で、少しでもきれいな状態を保って、掃除の時間を短縮することはできそうな予感が。

 

ちょっとした工夫とは?

  1. マット類を撤去する(実行ずみ)
  2. お掃除用洗剤類を統一する(実行ずみ)
  3. 家族でシェアする(これから実行したい)

一つづつ説明してみると。

 

1.マット類を撤去する

風呂上がりの足拭きマットのみ残し、あとはすべて断捨離!

 

洗面台の前に敷いてあったマットも、トイレの便座カバーや足元にあるマットもすべて手放しました。

 

マット類を撤去してわかったことなんですが、床ってすぐに汚れるんですよ。 

 

マットがないと、床がよごれていることにすぐに気付けるので、その都度、さっと拭いてしまえば、それで終わり。 

 

マットが敷いてあると、汚れに気づきにくいため、知らず知らずのうちに汚れを放置していたんですね。

 

マットがどれだけ汚れていたかを想像するとゾッとします。

 

手放してよかったこと:

  • 洗濯するものが減った。
  • マットの洗い替え用の予備を置く必要もなくなったため、収納スペースが空いた。
  • マットが視界から消えたことで、洗面室、トイレがすっきりして見える。

2.お掃除用洗剤類を統一する

我が家の掃除用の洗剤は、クレンザートイレ便器内用の液体洗剤、便座周りを拭くトイレに流せるシートの3つのみです。

 

以前は鏡みがき用のスプレー、カビ取り用のスプレー、お風呂洗用の洗剤に洗面台洗用の洗剤と、なぜか場所別に、それぞれの洗剤を持っておりました。

 

場所別に洗剤をもっていたわけですから、もちろん、洗面台の下は洗剤だらけ、いろいろな洗剤たちが、ところ狭しと押し込まれ、ラッシュアワーの電車状態でした。

 

実際に掃除用洗剤をクレンザー一本に変えてみてわかったことですが、クレンザー一本でも十分きれいになりますし、余計なモノ(洗剤)を買わなくてよくなったので、節約にもなるしで、良いことずくしです。

 

洗剤を統一してよかったこと:

  • 掃除の場所のたびに、洗剤を変える必要がないので楽。
  • 家計にやさしい。
  • 収納スペースが空いた。

 

3.家族でシェアする

この家族でシェアするは、まだ実行してはいないのですが、これができたら、大幅に洗面台も、風呂場も片付くので、ぜひやってみたいことのひとつです。

 

「シャンプー、リンス、ボディソープ、歯磨き粉類を家族で統一する。」

 

実は、これが、今とってもやりたいことの1つなんです。

 

うちは3人家族で、けっして大家族ではありませんが、それでも風呂場や洗面台の上は、各個人のモノでごちゃごちゃしています。

 

シャンプー、トリートメント、ボディソープと一人一人がそれぞれ持っていたら、ごちゃごちゃしてしまうのは必然のことですよね。

 

温泉やスーパー銭湯などに行くと、シャンプーからボディソープまで置いてあるのが、いまでは当たり前じゃないですか?

 

おなじ種類、ブランド、見た目のモノが整頓されて置いてあるので、スッキリしていますよね。

 

紡子としては、このスッキリさを、ぜひ我が家にも取り入れたいわけなんです。

 

幸い、我が家はシャンプー類にこだわる人間達ではないので、今使用しているモノがなくなったら、統一していきたいなと思っています。

 

モノがない、スッキリとしたお風呂で、ゆったりとしたバスタイム。

 

アロマを炊いて、本を読みながら過ごせたら、一日の中でも至福の時間になること間違いなしですよね。